薬通販ベストケンコー > クラミジア大全 > クラミジアの最も多い感染者は若い女性である

世界中の医薬品が揃うオンライン・ドラッグストア

薬通販|抗生物質|性病治療|STD|ベストケンコー

クラミジアの最も多い感染者は若い女性である

 厚生労働省の調査によれば、クラミジアに感染している人が最も多い年齢層は、20〜24歳までの人です。その次に多いのが意外にも15〜19歳までの人であることが、1999年の調査ではじめてわかりました。ティーンエイジャーにもクラミジアに感染している人たくさんがいるのです。

 この新しい調査は、正しくは「モデル県におけるSTDに関するセンチナルサーペランス」という厚生労働省によるもので、5年間にわたって厳密におこなわれ、これまで報告されてきた厚生省の性感染に関する実態調査の内容とは異なる新しい発見がいくっも出されました。それによると、性行為によって伝播する(うつる)病気は、多くが男性がかかり女性にうつすので、もともと男性に多い病気と思われてきました。確かに淋病や梅毒など、男性のほうが多い病気もありますが、新しい性感染症ともいうべきクラミジアートラコマティス感染症は、男性よりもはるかに女性に多いことがわかったのです。女性に多く、しかも若い女性に多いということは、大変な驚きです。新しい調査結果では、女性には男性の2.5倍くらいの感染者がいることが判明しました。

 これにはいくつかの原因が考えられます。

 まず、若ければ若いほど、性行為やそれにまつわる性感染症についての知識がどうしても不十分であることです。あるいは、知識はあっても正確であることが少ないでしょう。そのうえ、若い世代の性交渉そのものが予定されたものであることが少なく、ほとんどは偶発的なものであり、避妊のことも性感染症予防のことも考えることがありません。結果として初体験となり、その次の性行為もまた思わざる機会におこなわれることになりがちです。結婚している夫婦間の性行為と本質的に異なり、パートナーがいつも同じということではなく、複数の男性との性交がおこなわれることになるので、性感染症にかかる機会も当然多くなるのです。

 なぜ、以前と異なりこのような性行為がおこなわれるようになってきたのでしょうか。

 ひとつには、異性間交渉すなわち性行為に対する知識が、手近な週刊誌やそのほかの出版物の間で出回り、いつでもどこでもこのようなものを目にすることができるからということかおるでしょう。特別な週刊誌でなく情報誌として優れた評価かあるものでも、女性のヘアヌードが満載される世の中です。衣服を脱いだり、性体験をすることへのためらいがなくなってしまう環境にあるといえます。これらには、本当の知識や性感染症に対する情報は極めて少なく、無知といっても過言ではない状態で性体験がはじめられてしまうのです。

これは一般論ですが、いまから40年ほど前では、女性は4年生大学へ進学する人よりも短大へ入る人が圧倒的に多い時代でした。短大へ進学しない人は高等学校を出ると専門学校へ行ったり、そのまま就職をして社会へ出る人が多かったようです。そしておおよそ20歳から22歳くらいまでに退職し結婚するというのが、典型的な生き方だったと思います。このため性体験も例外を除いてはだいたいこの年齢のころであり、結婚相手が最初のパートナーであることが普通の状態でした。

 ところが21世紀の現在では、女性の平均結婚年齢は27〜28歳となっています。一方、女性が性行為を初めて体験するのが2002年の調査で高校3年生(18歳)で、約40%ということです。これは、18歳までに10人のうち4人までは性体験をしているということです。ということは、初体験から結婚して子どもを産む前までに、10年以上の年月があるということになります。

この長い間にさまざまな性交渉のかたちがあると思われます。未婚の母になる人も少しはあるかもしれませんが、多くは妊娠しないように心がけ、結婚してから出産を考えるものでしょう。そうなると、未婚のうちの性交渉が長くあり、パートナーも複数になる可能性が高かくなります。よって、さまざまな性感染症にかかる可能性があり頻度も高くなるのです。


クラミジアとはどんな病気か?

クラミジア・トラコマティス感染症によってもたらされる疾患の状況とその対応

女性がどのようにクラミジア感染症を防ぎ、かかったときにはどのように治療すれば良いのか、また、若い女性の子宮や卵管をクラミジアから守るためには何が必要なのかを記載しております。

□ クラミジア感染症とは何か?
□ クラミジアの最も多い感染者は若い女性である
□ クラミジアは自覚症状がないまま放置すると不妊症に
□ クラミジアの複雑で多様な症状に注意が必要
□ 患者本人が気づきにくいクラミジア感染の実態
□ クラミジア感染による卵管の変化
□ クラミジアで流産の危機と子供への感染
□ クラミジアの検査費用
□ クラミジアを自費診療のメリットとデメリット
□ クラミジアを保険診療のメリットとデメリット


性感染症にかからないためには?

クラミジアに感染しないための予防法

クラミジアによる不妊症にならないためには、当たり前のことですが、クラミジアに感染しないことが一番大切なことです。

□ 性感染症の予防にコンドームの着用を
□ 性感染症の検査を定期的に受ける
□ オーラルセックスでも性感染症にかかる
□ 性感染症の予防にはパートナーの検査も必要
□ 性感染症はすこしでも違和感を感じたら産婦人科へ
□ 尿によるクラミジア検出が可能になった


安心・低価格・迅速なベストケンコーのクラミジア治療薬の個人輸入代行

抗生物質・感染症治療薬ならベストケンコー

性感染症治療薬ならベストケンコー
薬通販「ベストケンコー」は、処方箋不要・送料無料で抗生物質の個人輸入代行を承っております。

「安く・早く・確実に」お届けします

低価格・安心・信頼・秘密厳守・簡単・スピード全て最高のサービス
人気の海外医薬品を激安価格にて個人輸入代行通販します。
シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。
オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。

個人輸入代行

ご注文から発送まで

ご注文いただいた、性感染症治療薬等は、シンガポールより国際通常書留(航空便)で発送となります。海外個人輸入のくすり発注後、お客さまの荷物番号をメールにてお知らせしております。必要な場合は、インターネット上で荷物の移動状況が確認できます。お届けの際に、完全に中身がわからないよう包装しております。お届けまでの時間は通常5~10営業日(最短では4日)となっており、全国どこでも全商品送料無料です。

※「特定商取引法に基づく表示」や「Q&A」や「お問い合わせ」等は「薬通販ベストケンコー」でご覧くださいませ。当サイトでご紹介する性感染症治療薬等は日本国内では医師の処方が必要なお薬です。 お薬の使用にあたっては、医師もしくは薬剤師等の専門家にご相談下さいますようお願い致します。また、各ページにあるED治療薬の説明文は各製品の販売国においての英文での説明書を翻訳したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があり、完全なものではありません。当サイトではいかなる責任も負いかねますことを予めご了解ください。




全国送料無料!