薬通販ベストケンコー > クラミジア大全 > クラミジアで流産の危機と子供への感染

世界中の医薬品が揃うオンライン・ドラッグストア

薬通販|抗生物質|性病治療|STD|ベストケンコー

流産の危機 / 生まれてくる子供のへの感染

 妊娠した女性がクラミジアに感染すると、切迫流産(流産しかかりの状態)になり、治療しないで放置しておくと流産してしまうことがあります。妊娠が続かず、まだ妊娠初期のころに胎児が子宮外に出されてしまうのです。つまり、せっかく妊娠しても胎児が成育を続けられず、出産にいたらないということです。

 クラミジアが妊娠している人の子宮頚管に感染することで、子宮頚管炎になってしまうのは妊娠していない人と同じですが、妊婦の場合は子宮頚管から上行性に(上の方へ向かって)クラミジアが上っていき、頚管からさらに奥の子宮の入りロヘ到達し、子宮の中で胎児を包んでいる絨毛膜や羊膜にも感染し絨毛膜羊膜炎を引きおこすのです。そうすると、これらの股が薄くなり、ついには破れてしまいます。これによって胎児が入っている子宮の中の羊水が外へ出てしまい、胎児が生きていけなくなるのです。

 しかし、これだけではありません。クラミジア感染の結果、子宮を収縮させるプロスタグランディンというものが活性化(分泌)されるようになります。そして、子宮収縮かおこるため、胎児は子宮から排出されること(外に出されること)になって流産し、妊娠が途中で中断してしまうこともあります。

 妊娠する前にクラミジアに感染していて不妊症になることもあるのですが、まだ不妊症になる前に妊娠できたとしても、自分についているクラミジアがこのようなかたちで流産の原因になってしまうこともあるのです。

 それに加えて、妊娠する前にはクラミジアにかかっていない女性でも、妊娠中に夫がクラミジアにほかのパートナーから感染してきて、それを妊娠している妻にうつせばやはり流産の原因になってしまいます。

 いろいろな調査の報告がありますが、妊娠している人にクラミジア感染の検査をしてみると、感染している人は平均5パーセントです。20人に1人くらいの割合で発見されています。年齢が若い妊婦のほうが感染率が高いのは、パートナーが複数であったりするためと考えられています。

 また、妊娠後期(妊娠20週以後)になって感染しても、右に述べた妊娠初期の病変と同じことがおこりますので、子宮収縮が始まって陣痛がおこり、まだ予定日まで日があるのに早産として分娩が始まってしまい、低体重児が産まれることになります。出生児の体重は週数により異なりますが、早い時期なら千グラム以下の極小低体重児となりますので、いかに新生児哺育の技術が進歩したとはいえ、出生の予定日前後に生まれた正常の体重をもつ新生児に比べ、いろいろと成育過程における不利を背負うことになります。

 このような背景から、現在では多くの分娩を扱う産婦人科医では、妊娠初期と妊娠後期の二回妊婦のクラミジア検査を実施しているところが多くなりました。これはできるだけクラミジア感染の存在を早く突きとめ、流産や早産がおきないうちに治療(のみ薬でできる)をおこない、妊娠の継続をはかろうとする目的があるためです。

 生まれてくる子どもにもうつるクラミジア

 クラミジアが女性に感染し子宮頚管炎をおこすことは、はじめのほうで述べましたが、妊娠した女性がいよいよお産をするときになって、このクラミジアによる子宮頚管炎という状態にあるときには、子宮の下部にある子宮頚管が陣痛により開いた状態になり、その子宮頚管を通って赤ちゃんが生まれてくることになります。

 つまりお産の道、産道というところにこの子宮頚管がなり、同じ産道の一部である腔の中でももしクラミジアが感染していれば、この通り道で分娩のさいに赤ちゃんにクラミジアが感染してしまうわけです。これを産道感染といいます。

 この産道感染は、狭いぎりぎりの産道を胎児が通過するので、どうしても多くの分泌物をのみ込んだりしてしまうことからおきてしまいます。また、眼の中ヘクラミジアが入って結膜炎をおこしたりもします。最近はこのような感染の仕方による新生児の病気も増えてきました。

 この場合、生後まもなく、早ければ4~5日目にきわめて特徴的な眼の充血があります。そして眼脂(めやに)が出てきます。このように早い発生の場合は、まだお産をした産婦人科に母子ともに入院している時期ですが、普通分娩の場合、5日~6日くらいで退院してしまいます。この眼の症状は7日以上経って出てくることが多いため、産婦人科を退院後に眼脂(めやに)が多いことに気がついた母親が眼科医のところへ子どもを連れて行き、診察を受けて治療をしてもらうことになります。そうすると、産婦人科医はまったくこのことを知らないままでいることになります。

 これはたいへん困ったことで、産道感染の原因となった母親の腔内や子宮頚管の中にはクラミジアが存在したままになってしまうのです。本当は治療が必要なのですが、そのまま感染した状態で治療を受けない人も出てくることになります。

 一方、感染した赤ちゃんは、生まれて1~2ヵ月後、多くは2ヵ月くらいしてから哺乳力が低下し、体重が増えなくなってきます。そして、そのころから「カラ咳」をよくするようになります。これは、クラミジア性の新生児肺炎になっている症状です。ただ、熱が出ず鼻汁なども出ないため、母親がすぐには気づかないことのほうが多いようです。「カラ咳」もスタ。カート様といわれる乾いた咳という感じになります。

 元気がなく哺乳量が減り、やがて体重が増えないことに気づいた母親が小児科医のところへ連れて行き、ようやく診察を受けることになる・・・最近ではこのような症例も少なくないので、小児科の医師がクラミジア感染に効く抗菌薬を選択し、肺炎の新生児に与えれば治療も可能です。ただ、普通によく使われている抗菌薬ではクラミジアには効きません。クラミジアに合った薬を与えなければ、この肺炎を治すことができないのです。

 母親の感染の治療が大切なことは前に述べたとおりですが、最も大切なことは、新生児感染をおこさせないことです。結局、妊娠途中でのクラミジア検査が、まずは最も大切なことといえるでしょう。


クラミジアとはどんな病気か?

クラミジア・トラコマティス感染症によってもたらされる疾患の状況とその対応

女性がどのようにクラミジア感染症を防ぎ、かかったときにはどのように治療すれば良いのか、また、若い女性の子宮や卵管をクラミジアから守るためには何が必要なのかを記載しております。

□ クラミジア感染症とは何か?
□ クラミジアの最も多い感染者は若い女性である
□ クラミジアは自覚症状がないまま放置すると不妊症に
□ クラミジアの複雑で多様な症状に注意が必要
□ 患者本人が気づきにくいクラミジア感染の実態
□ クラミジア感染による卵管の変化
□ クラミジアで流産の危機と子供への感染
□ クラミジアの検査費用
□ クラミジアを自費診療のメリットとデメリット
□ クラミジアを保険診療のメリットとデメリット


性感染症にかからないためには?

クラミジアに感染しないための予防法

クラミジアによる不妊症にならないためには、当たり前のことですが、クラミジアに感染しないことが一番大切なことです。

□ 性感染症の予防にコンドームの着用を
□ 性感染症の検査を定期的に受ける
□ オーラルセックスでも性感染症にかかる
□ 性感染症の予防にはパートナーの検査も必要
□ 性感染症はすこしでも違和感を感じたら産婦人科へ
□ 尿によるクラミジア検出が可能になった


安心・低価格・迅速なベストケンコーのクラミジア治療薬の個人輸入代行

抗生物質・感染症治療薬ならベストケンコー

性感染症治療薬ならベストケンコー
薬通販「ベストケンコー」は、処方箋不要・送料無料で抗生物質の個人輸入代行を承っております。

「安く・早く・確実に」お届けします

低価格・安心・信頼・秘密厳守・簡単・スピード全て最高のサービス
人気の海外医薬品を激安価格にて個人輸入代行通販します。
シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。
オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。

個人輸入代行

ご注文から発送まで

ご注文いただいた、性感染症治療薬等は、シンガポールより国際通常書留(航空便)で発送となります。海外個人輸入のくすり発注後、お客さまの荷物番号をメールにてお知らせしております。必要な場合は、インターネット上で荷物の移動状況が確認できます。お届けの際に、完全に中身がわからないよう包装しております。お届けまでの時間は通常5~10営業日(最短では4日)となっており、全国どこでも全商品送料無料です。

※「特定商取引法に基づく表示」や「Q&A」や「お問い合わせ」等は「薬通販ベストケンコー」でご覧くださいませ。当サイトでご紹介する性感染症治療薬等は日本国内では医師の処方が必要なお薬です。 お薬の使用にあたっては、医師もしくは薬剤師等の専門家にご相談下さいますようお願い致します。また、各ページにあるED治療薬の説明文は各製品の販売国においての英文での説明書を翻訳したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があり、完全なものではありません。当サイトではいかなる責任も負いかねますことを予めご了解ください。




全国送料無料!