薬通販ベストケンコー > クラミジア大全 > 性感染症の予防にコンドームの着用を

世界中の医薬品が揃うオンライン・ドラッグストア

薬通販|抗生物質|性病治療|STD|ベストケンコー

性交時にコンドームを着用することでほとんどの感染を防ぐことができます

 クラミジアによる不妊症にならないためには、当たり前のことですが、クラミジアに感染しないことが一番大切なことです。ここでは、クラミジアにかからないためにどうしたらいいのかお話します。

 もちろん、性行為をしなければ感染はおきません。ただ、性器と性器との接触だけではなく、性器と口腔などオーラルセ″クスのような性器外セックスでも感染症をパートナーにうつします。あるいはパートナーから感染させられます。そのため、性行為にはどのような交渉であっても、いつも性感染症がつきまとうことを認識しなければなりません。

 性感染症は、約五十種類以上にのぼる疾患が対象となります。

 内科的な疾患であるC型肝炎なども夫婦間、パートナー間で感染の可能性があります。しかし、直接性器に感染源かおる疾患は、「感染症に関するその予防と防止のための法律」いわゆる1999年に制定された感染症新法のなかでは、梅毒と性器クラミジア感染症、性器ヘルペス症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症の五種類が挙げられており、これが最も日常的な性感染症と考えていいと思います。

 さらにHIV感染症である、AIDS(エイズ)を発症させる感染症も、致命的性感染症としてはずすわけにはいきません。

 以上の六種の感染症のうち、精液を介して感染が成立するもの、たとえば淋菌感染症、HIV感染症、クラミジア感染症については、性交時にコンドームを着用することでほとんどの感染を防ぐことができます。

 梅毒と尖圭コンジローマと性器ヘルペス感染症に関しては、男性の性器にこれらの疾患による潰瘍(ただれるはれもの)やイボができていれば、その場所が女性の性器内に挿入されるため感染するので、コンドーム着用で感染を防ぐ効果はもちろんあります。しかしこれらの疾患は、男性性器そのものの先端にできている場合だけではなく、性器周辺にも感染潰瘍やイボができ、女性の性器の中ではなく外陰部(性器のまわり)の傷などにその部分が触れると、そこから男性の疾患が外陰部の皮膚を通して感染しますので、コンドームを着けていたからといって感染をすべて防ぐことにはなりません。女性側にこれらの疾患があり、外陰部に潰瘍ができている梅毒、性器ヘルペス症、尖圭コンジローマの場合では、コンドームを着けている男性の性器の根元やその周辺に感染させることになります。

 したがって、コンドームは淋病、性器クラミジア感染症、HIV感染症を防ぐ有効性はもっていますが、すべての性感染症をこれだけで防ぐというわけにはいかないことも知っておかなければなりません。避妊のために使われてきたコンドームは、バースコントロール(避妊)もさることながら、性感染症を防ぐという副効用もあり、大いに活用されるべきでしょう。ピルで避妊をする方法もありますが、仮に避妊目的でピルを服用していても、性交時にコンドームを着用することが性感染症の防止に役立つことも、よく認識しておきたいものです。

 偶発的におきやすい若い女性の性交渉は、このような避妊手段や性感染症防止の手だてを用意していない状態で発生することが少なくありません。しかもクラミジア感染症は男女ともに多数の無症候性(症状をまったく感じない)感染者があるため、男も女も自分がかかっているかどうかに気づきません。そのため、コンドームを使うことなど考えない無防備の状態で性行為をしてしまうことになりがちです。

 これが若い男女、とりわけ複数のパートナーがある人では、無症候性感染症であることが多いクラミジア感染症になりやすい最大の理由になっています。かからない工夫を常に心がけなければ、将来の不妊症につながってしまうことを忘れてはいけません。


性感染症にかからないためには?

クラミジアに感染しないための予防法

クラミジアによる不妊症にならないためには、当たり前のことですが、クラミジアに感染しないことが一番大切なことです。

□ 性感染症の予防にコンドームの着用を
□ 性感染症の検査を定期的に受ける
□ オーラルセックスでも性感染症にかかる
□ 性感染症の予防にはパートナーの検査も必要
□ 性感染症はすこしでも違和感を感じたら産婦人科へ
□ 尿によるクラミジア検出が可能になった


クラミジアとはどんな病気か?

クラミジア・トラコマティス感染症によってもたらされる疾患の状況とその対応

女性がどのようにクラミジア感染症を防ぎ、かかったときにはどのように治療すれば良いのか、また、若い女性の子宮や卵管をクラミジアから守るためには何が必要なのかを記載しております。

□ クラミジア感染症とは何か?
□ クラミジアの最も多い感染者は若い女性である
□ クラミジアは自覚症状がないまま放置すると不妊症に
□ クラミジアの複雑で多様な症状に注意が必要
□ 患者本人が気づきにくいクラミジア感染の実態
□ クラミジア感染による卵管の変化
□ クラミジアで流産の危機と子供への感染
□ クラミジアの検査費用
□ クラミジアを自費診療のメリットとデメリット
□ クラミジアを保険診療のメリットとデメリット


安心・低価格・迅速なベストケンコーのクラミジア治療薬の個人輸入代行

抗生物質・感染症治療薬ならベストケンコー

性感染症治療薬ならベストケンコー
薬通販「ベストケンコー」は、処方箋不要・送料無料で抗生物質の個人輸入代行を承っております。

「安く・早く・確実に」お届けします

低価格・安心・信頼・秘密厳守・簡単・スピード全て最高のサービス
人気の海外医薬品を激安価格にて個人輸入代行通販します。
シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。
オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。

個人輸入代行

ご注文から発送まで

ご注文いただいた、性感染症治療薬等は、シンガポールより国際通常書留(航空便)で発送となります。海外個人輸入のくすり発注後、お客さまの荷物番号をメールにてお知らせしております。必要な場合は、インターネット上で荷物の移動状況が確認できます。お届けの際に、完全に中身がわからないよう包装しております。お届けまでの時間は通常5~10営業日(最短では4日)となっており、全国どこでも全商品送料無料です。

※「特定商取引法に基づく表示」や「Q&A」や「お問い合わせ」等は「薬通販ベストケンコー」でご覧くださいませ。当サイトでご紹介する性感染症治療薬等は日本国内では医師の処方が必要なお薬です。 お薬の使用にあたっては、医師もしくは薬剤師等の専門家にご相談下さいますようお願い致します。また、各ページにあるED治療薬の説明文は各製品の販売国においての英文での説明書を翻訳したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があり、完全なものではありません。当サイトではいかなる責任も負いかねますことを予めご了解ください。




全国送料無料!