薬通販ベストケンコー > クラミジア大全 > クラミジアを自費診療のメリットとデメリット

世界中の医薬品が揃うオンライン・ドラッグストア

薬通販|抗生物質|性病治療|STD|ベストケンコー

クラミジアを自由診療する

 保険証がない場合や、あっても病気のことを親に知られたくないとか、会社に産婦人科にかかったことが知られたくないので保険証を使いたくないという人も中にはあります。このような場合は自費診療となります。

 本来自費診療とは自由診療のことですから、診察する医師が自由に値段を決められますので医療機関により価格はまちまちです。一般的な値段では、検査代3000円、薬代3000円くらいというところでしょう。初診料など含めて診察代として1万円から2万円見当と思われます。

 自費診療は医師が患者さんを診察するときに、この人はこういう病気とこういう病気が疑われるのでということで、2種類の検査を同時にできますが、保険診療の場合はできないことがあります。たとえばおりもの(帯下)が多いような場合に、子宮頚管炎のような診断が考えられます。このときクラミジア性子宮頚管炎が最も頻度が高いのですが、そのうちの一割程度には淋菌性の子宮頚管炎があります。また、クラミジアと淋菌の両方がいることもあります。そのため子宮顕管炎というような患者は全例クラミジアと淋菌の検査をしたいのですが、保険診療ではこの両方の検査をおこなうことが「傾向的」という理由でだめだと言われてしまいます。そのため、全例におこないたくてもできないわけです。

 保険診療でなく自費診療であれば、診察する医師がおこなうべきであると判断するものは全例に両方の検査をおこなうことが自由ですから、両方をおこない一度の受診で両方の病気の原因かおるかどうかを確かめてもらうことができます。

 また、1回目の診察で一方をおこない、陰性であったけれどもおりもの(帯下)は存在するということで、改めて次回の診察でもう一方の検査をするということになると、診断がっくまでに時間がかかることになります。実際には1回の検査でクラミジアと淋菌と同時に結果が出せるのですから、1回で両方の病気があるかないかを決めるということが病気を心配する患者にとっては好都合であることになります。

 制度上のしばりが多い保険診療に比べ、多少の割高感があっても診断までに時間がかかるより同時検査で早く結果を出すことで、自由診療のほうが性感染症の検査には得策といえます。

 そのほか、投薬(薬を患者さんに出すこと)でも、保険診療上その疾患に対して使いたいと思っても使えないものもあるのに比べて、自由診療の場合は診察した医師の判断で自由に適切な投薬ができます。このことに、患者さんにとっても大変有利なこととなります。

 一例を挙げれば、アメリカやヨーロッパではクラミジア感染症の治療にジスロマック(ファイザー株式会社)という薬が使われていました。日本では呼吸器感染症(肺炎など)には使ってもよい保険で使える薬として認可されていましたが、クラミジア・トラコマティス感染症の治療薬としては認められていないため、健康保険で診療を受ける場合は医師がこの薬と処方できないことになっていたのです。

 しかし、自由診療の場合、つまり保険証を使った3割負担ですむ診療でなければ、医師はこの薬が出せることになります。そのためその事実を患者さんに説明して、自費診療代をもらってその薬を出して治療をすることも可能です。10割負担になり、患者さんにとってはデメリットと思われるかもしれませんが、この薬はたった1回服用するだけでクラミジア性子宮頚管炎が治ってしまうという、従来の7日間のまなければならない薬と大きく異なります。結局は全体としての治療の値段も安くなり、何よりも毎日2~3回1週間のむことと比べて、たった1回のめばよいという大変便利な薬であるわけです。

 それが日本では欧米に比べ5年も遅れて承認されたということで、それまでは自費で一部の医師のみが使い、一部の患者さんだけがこの特効薬の恩恵を受けていたにすぎなかったこの薬ジスロマックも、いまでは保険診療で使用可能な薬剤としてクラミジア性子宮顕管炎と尿道炎に対して認められることになりました。


クラミジアとはどんな病気か?

クラミジア・トラコマティス感染症によってもたらされる疾患の状況とその対応

女性がどのようにクラミジア感染症を防ぎ、かかったときにはどのように治療すれば良いのか、また、若い女性の子宮や卵管をクラミジアから守るためには何が必要なのかを記載しております。

□ クラミジア感染症とは何か?
□ クラミジアの最も多い感染者は若い女性である
□ クラミジアは自覚症状がないまま放置すると不妊症に
□ クラミジアの複雑で多様な症状に注意が必要
□ 患者本人が気づきにくいクラミジア感染の実態
□ クラミジア感染による卵管の変化
□ クラミジアで流産の危機と子供への感染
□ クラミジアの検査費用
□ クラミジアを自費診療のメリットとデメリット
□ クラミジアを保険診療のメリットとデメリット


性感染症にかからないためには?

クラミジアに感染しないための予防法

クラミジアによる不妊症にならないためには、当たり前のことですが、クラミジアに感染しないことが一番大切なことです。

□ 性感染症の予防にコンドームの着用を
□ 性感染症の検査を定期的に受ける
□ オーラルセックスでも性感染症にかかる
□ 性感染症の予防にはパートナーの検査も必要
□ 性感染症はすこしでも違和感を感じたら産婦人科へ
□ 尿によるクラミジア検出が可能になった


安心・低価格・迅速なベストケンコーのクラミジア治療薬の個人輸入代行

抗生物質・感染症治療薬ならベストケンコー

性感染症治療薬ならベストケンコー
薬通販「ベストケンコー」は、処方箋不要・送料無料で抗生物質の個人輸入代行を承っております。

「安く・早く・確実に」お届けします

低価格・安心・信頼・秘密厳守・簡単・スピード全て最高のサービス
人気の海外医薬品を激安価格にて個人輸入代行通販します。
シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。
オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。

個人輸入代行

ご注文から発送まで

ご注文いただいた、性感染症治療薬等は、シンガポールより国際通常書留(航空便)で発送となります。海外個人輸入のくすり発注後、お客さまの荷物番号をメールにてお知らせしております。必要な場合は、インターネット上で荷物の移動状況が確認できます。お届けの際に、完全に中身がわからないよう包装しております。お届けまでの時間は通常5~10営業日(最短では4日)となっており、全国どこでも全商品送料無料です。

※「特定商取引法に基づく表示」や「Q&A」や「お問い合わせ」等は「薬通販ベストケンコー」でご覧くださいませ。当サイトでご紹介する性感染症治療薬等は日本国内では医師の処方が必要なお薬です。 お薬の使用にあたっては、医師もしくは薬剤師等の専門家にご相談下さいますようお願い致します。また、各ページにあるED治療薬の説明文は各製品の販売国においての英文での説明書を翻訳したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があり、完全なものではありません。当サイトではいかなる責任も負いかねますことを予めご了解ください。




全国送料無料!