薬通販ベストケンコー > クラミジア大全 > 膣炎(カンジダ/トリコモナス)

膣炎(カンジダ/トリコモナス)の特徴

膣炎(カンジダ/トリコモナス)は処女を悩ますこともある

 腔炎は女性の腔粘膜や外陰部に炎症が起こった状態だ。尿道炎同様、STDとはかぎらないが、カンジダというカビの一種、トリコモナスという原虫の一種が、腔炎を起こすことはままある

 カンジダもトリコモナスも、じつは健康な人の腔内にも見られる常在菌の一種といえなくもない。しかし、それが異常に増殖し始めると、不快な症状を起こすことがあるのだ。

 増殖の原因はセックスだけとはかぎらない。風邪をひいたりして体力が落ちているときに発症することもある。もともと常在しているのだから、性経験のない処女がかかる可能性もある。無論セックスによって大量のカンジダが持ち込まれれば、それもきっかけになる。

 だが、腔炎を繰り返すようなら、クラミジアの感染も疑ってみたほうがよい。

 女性の腔の中にいる常在菌には、強い酸を出してほかの雑菌が入り込まないように守っているデーデルライン棹菌という菌群がある。カンジダやトリコモナスがおとなしくしているのも、「よい子」の常在菌ががんばってくれているおかげでもある。ところが、クラミジアがあると、腔の中の常在菌のバランスがくずれてしまう。その結果、腔炎を起こしやすくなってしまうのだ。

 男性の性器や前立腺にカンジダやトリコモナスが認められることもあるが、男性の場合、それが原因で強い症状を起こすことはめったにない。しかし、パートナーに症状かおるときは、やはり男性も治療が必要だ。男性側の治療も同時に並行して進めないと、パートナーの症状を改善させることは難しい。

膣炎(カンジダ/トリコモナス)の症状

 カンジダ膣炎では白っぽいカッテージチーズのようなおりものが増えてくる。黄色っぽくにおいの強いおりものがあるようならトリコモナス膣炎が疑われる。いずれも外陰部のかゆみ、熱感などが生じやすい。

膣炎(カンジダ/トリコモナス)の検査

 おりものをとり、カンジダやトリコモナスがないか調べる。

膣炎(カンジダ/トリコモナス)の治療

 膣に入れる薬(膣剤)を使う。トリコモナス膣炎の場合は、内服薬を用いることもある。順調に進めば1、2週間程度で治る。


安心・低価格・迅速なベストケンコーのクラミジア治療薬の個人輸入代行

抗生物質・感染症治療薬ならベストケンコー

世界中の医薬品が揃うオンライン・ドラッグストア

薬通販|抗生物質|性病治療|STD|ベストケンコー

「安く・早く・確実に」お届けします

低価格・安心・信頼・秘密厳守・簡単・スピード全て最高のサービス
人気の海外医薬品を激安価格にて個人輸入代行通販します。
シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。
オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。

個人輸入代行

ご注文から発送まで

ご注文いただいた、性感染症治療薬等は、シンガポールより国際通常書留(航空便)で発送となります。海外個人輸入のくすり発注後、お客さまの荷物番号をメールにてお知らせしております。必要な場合は、インターネット上で荷物の移動状況が確認できます。お届けの際に、完全に中身がわからないよう包装しております。お届けまでの時間は通常5~10営業日(最短では4日)となっており、全国どこでも全商品送料無料です。

※「特定商取引法に基づく表示」や「Q&A」や「お問い合わせ」等は「薬通販ベストケンコー」でご覧くださいませ。当サイトでご紹介する性感染症治療薬等は日本国内では医師の処方が必要なお薬です。 お薬の使用にあたっては、医師もしくは薬剤師等の専門家にご相談下さいますようお願い致します。また、各ページにあるED治療薬の説明文は各製品の販売国においての英文での説明書を翻訳したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があり、完全なものではありません。当サイトではいかなる責任も負いかねますことを予めご了解ください。




全国送料無料!